大好きな猫との毎日


by kaezzz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

悲しい出来事

今日はとても凹んでいます....。
昨日の事が頭から離れず、涙があふれてしまいます。

昨日の夕方、もう暗くなった頃に外から子猫の元気な泣き声が聞こえ始めました。
鳴き声からしてかなり小さな子猫、離乳してすぐに捨てに来たのか
どうして急に?と思いつつ、しばらくしてベランダから覗いてみると
近所のおばちゃん達が集まって子猫を前にどうしようかと話してるところでした。
側を猫が通り過ぎましたが、それは親猫ではなく近所の飼い猫でした。
とても可愛い子猫らしく、おばちゃん達が野良の子じゃないと話すのが聞こえます。

うちは狭くて、子猫を保護して相性が悪かった時に隔離してやる事が出来ません。
なのでおばちゃん達がどう対処するか分かるまで降りて行けませんでした。
集まったおばちゃん達と一緒に居たおじさんが、大人猫を抱えて連れて来ました。
心の中で「相性が悪いと大変だから止めて!」と思いましたが間に合いませんでした。
あっという間に大人猫は子猫を襲ったらしく、おじさんが慌てて大人猫を追い立てます。
先ほど通り過ぎた大人猫でしたが、嫌だから近ずかなかったのでしょう。
それを無理矢理くっつけたので大人猫も本気になって攻撃したのだと思います。

今まで元気に鳴いていた子猫の声が止まりました。
一撃で急所に噛み付かれた様です。
しばらくおばちゃん達が様子を見ていましたが、大人猫を近ずけたおじさんが
子猫を抱えて自宅へ戻って行きました。
どうやら自宅の庭に葬ってあげようとしてくれたみたいです。

積極的には子猫を保護出来ないと傍観者になっていましたが、
あまりにも可哀想で涙が止まりませんでした。
何もしなかった事への後悔、たった数ヶ月で命を絶たれてしまった子への懺悔。
今更ですが申し訳なくて、悲しくて....
全ての命を助けてあげられる訳では無い、それは分かっています。
それでも悔しさや悲しさが拭いきれません。
せめてしばらくはあの子猫を想って、あの子が確かに存在していた事を
心に留めてあげようと思います。
[PR]
by kaezzz | 2012-09-29 22:20 | 動物ペット